SST 特殊工具

sst-1
工場の掃除中に 撮ってみました
特殊工具といってもいろいろ有りましてベンツの故障診断の時に使います
コンピューターの間に噛まして各パラメーターなどの確認などいろいろ便利に使います
詳しい使い方は又そのうちに 
本日なんとか工場の掃除も終わりましてやっと終われそうです 

ポルシェ 993 SST 

sst 5
ポルシェ993のエンジンのオーバーホール時などに使うSST(特殊工具)を少し紹介します
上の写真はパスステポンプなどのプーリーを閉めたり緩めたりする時に保持しておく工具ですこれが無いと正確なトルク設定が出来ず閉めすぎたり緩んだりしますので必要です


sst 4

この真ん中の黒い工具はクランクシャフトを回らないよう固定する工具です


sst 3

この黒くて丸い3箇所でボルト止めしている工具はカムシャフトの位置決めのための工具です
左右あります 993カム位置は基本固定なのでこのような工具が必要です。
なくても組めますがちょくちょくずれている物も有りますので要注意ですね、もちろん無しで組んでもキッチリバルブタイミングを測定確認すればOKなのですが・・・・・


sst 2

このチエーンハウジングに刺さっている工具は油圧テンショナーの代わりチエーンガイド押さえておく工具ですなぜ必要か  エンジンオーバーホール時などは油圧が掛かっていないのでテンショナーを組んでいてもチエーンは少し遊んでいますね、遊んでいる状体でいくらバルブタイミングを調整しても回転させると狂ってしましますのでこの工具で適度にチエーンを張り
バルブタイミングを調整します。これも左右有ります

sst 1
 
こちらはカムシャフトのスプロケを閉めたり緩めたりする時に保持しておく工具です
これもキッチリトルク管理するために必要な工具です
993エンジン用でもあと数点有りますが写真を撮り忘れてますので又の機会に  
ほとんどが純正品しかないので結構値段が張りまして大変です・・ 
でも無いとキッチリ組めないのでこつこつ集めています 

ベンツ SST


ベンツのタイミングチエーンのガイドレールの取り付けピンを外す工具です。
40年ぐらい前のモデルからここ最近のモデルまで共通で使えます、 丸い部分を前後に動かしてピンを抜き取ります。 スライドハンマーのミニチュアのよーなもんです。

ボッシュ オシロスコープ


ボッシュ製オシロスコープです昔勤めていた会社で使っていた物でその工場が閉鎖になった時にイロイロ分けてもらった道具の一つです勤めていたころか考えるとかれこれ15年ぐらいの付き合いです私の工場は比較的旧車も多く
アナログ式ですがかなり重宝して使っています
これでエンジンの不調、状態など瞬時にチエックすることができる優れ物です一時側二次側点火、燃料、圧縮、キャブの同調
センサーの波形、インジェクターの状態他
いまだに現役バリバリです
最近はデジタル式の物が欲しいのですが・・

ポルシェ スペシャルツール



この工具はポルシェのバルブタイミングを合わせるときに使う工具ですチエーンテンショナーの代わりに長いねじの
部分を調整してチエーンを張り調整していきます
私はエンジンをオーバーホールするとき分解前にもタイミングを確認しておきますけっこう狂っている場合が多いです もちろん私が組むときはできるだけ左右差など無いように何度も確認、分解をして調整しています
993は基本的にバルブタイミングは調整できませんので
カム&クランク位置を固定する工具が有ります
またボチボチ紹介していきます

スペシャルツール ベンツ

SST

ベンツのW220、W211などでハンドルを切ったり
走行中段差などでフロント側からキーキー、キコキコ音がする場合 ほとんどがナックルアーム下側のボールジョイントが不良です 当工場では写真のスペシャルツールを
使い交換しています、この工具が無ければナックルアームをはずしてプレスなどで交換しなければなりません。
当然たくさんのパーツを脱着するのでお客さまはその分の
工賃も請求されるのです
プロテック9ではベンツ&ポルシェのスペシャルツール
をたくさん所有していますので無い修理工場より
早く安く確実に整備などができます。
今週はこの作業が3台もありました。


1


others

mobile

qrcode