ポルシェ968CS 

 約2年間放置されていた968CSの復帰作業をコツコツとやっています

968



968



ハブを100℃以上まで熱して交換します新品のベアリングカラーは冷凍室で冷え冷えにし交換します、これをしないとアルミハブなのでかじったりキズが入ったりするので嵌め合いが甘くなりますので要注意!です 無理やりプレスで抜いたり入れたりは禁物です!


キャリパーの全オーバーホールに始まりフロントハブベアリング交換等
まずはブレーキ&足回りなどから毎日ちょっとずつチエック&分解オーバーホール

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック


others

mobile

qrcode