ポルシェ 997GT3CUP 


hab-1
フロントハブにガタがありましたのでハブベアリングを交換します。
古いハブとベアリングを抜きとって
ごらんのようにホットプレートでメーカーの指定110℃まで時間が掛かりますが熱を加えます。









hab-2ハブベアリングは事前に冷凍庫で
冷え冷えに  しておきますと・・・・・・・・
hab-3プレスを使わないでベアリングが
スルスルと入っていきます
最後にプレスで少し圧力を掛けて
確認しハブを圧入します
今回は時間の関係でフロント左右だけの交換です 

 

ポルシェ 997GT3CUP  ドライブシャフトメンテナンス

引き続き、997CUPのメンテナンスです。

今回は、ドライブシャフトの点検リフレッシュです。

今回はCVジョイント内のグリス交換とブーツの交換です、先ずドライブシャフト分解後綺麗に洗浄して各パーツの磨耗状態を確認して行きます。 









因みに、ドライブシャフトはエンジン出力を点で支えている為、メンテナンスを怠ると、このように金属疲労が起こります。















一度金属疲労が起こりだすと極端な変磨耗を起こしドライブシャフトのトラブルに繋がります。



































今回は、極端な磨耗も無かったので定期メンテナンスとしてグリス交換、ブーツ交換でメンテナンスを完了しました。


































新品のブーツが気持ち良いですね!!








まだまだ、997CUPのメンテナンスは続きます!!!















ポルシェ 997GT3CUP 

cup-1ポルシェ 997GT3CUP です
前回走行時ハンドリングの違和感が有ったようですのでまずフロントの足回りから重点的に点検しております。
やはり左右のハブに少しガタが有りましたのでパーツ待ちの間にばらしておきました cup-2
フロントローターは380の2ピース
リヤは350mm
ショックはザックスレーシング(CUP専用品) アップライトもアルミでメッチャ軽いです cup-4
アッパーマウントにも少しガタが出ているので交換しました

今回も次回走行までにあまり時間も無く慌しくCUPちゃんに追われております 
 

997GT3 CUP

GT3CUP-1ポルシェ 997GT3CUP です
来月中旬にサーキットを走行されるのでメンテナンス作業他のため入庫いたしました。
前回の走行時ハンドリングに違和感が有った模様ですのでそこら辺も重点的に点検して行きます
 
6月もあっと驚くほど早く終わってしまいましたね 
関係各位、皆様今月もありがとうございました

ポルシェ クランクシャフト

秘密プロジェクトのマタマタスクープ写真です。

ポルシェ3.2カレラエンジンのクランクシャフト、先ず実際にクランクケースへ乗せダイヤルゲージにて1/100の振れを計測していきます。
そして、この後フライホイールと共に内燃機屋さんへとダイナミックバランスをとりに旅立ちます。。。

すべてのエンジンはクランクシャフトから。。。始まります。。。


ポルシェ911 秘密プロジェクトスクープ!!

先日からポルシェのエンジンパーツが次々に綺麗に洗浄されて行きます!

3.2カレラエンジン???














プロテックナインには確か930は無かったはず。。。。。


















つづく・・・・ 

ポルシェ カイエン エアサス不良

kaien-1ポルシェ カイエン フロントエアサス不良で入庫です
ごらんのように爆発しています
走行中にバンと音がして前の車高が落ちたようです。こうなると交換しか方法が有りません
ASSYで片側20万近いパーツ代ですkaien-2
 さすがに高いパーツなので木箱に入って来ましたkaien-3

ボクスター エンジン不調 修理完了??

先日、業者様からエンジン不調にてお預かりしました、ポルシェボクスター、先ず、プラグを外し、シリンダー内のクーラント混入等の点検を済ませクランキング直ぐにエンジン始動!!エンジンから聴き慣れない吸気音!!インテークマニホールドから、ブレーキマスターバックまでのバキュームパイプが割れてました!!修理後勿論エンジン不調も直り、綺麗なアイドリングに戻りました。

水冷エンジンに付き物のエンジンシリンダー割れ、インターミディエイトシャフト折れ等、大事に至って無くて良かったです。

最終チェックでテスターにて診断の結果エアフロセンサーも作動数値に怪しい所が有りましたので、交換をお勧めして業者様へ納車させて頂きました。
 

ポルシェ ボクスター エンジン不調

業者様からの修理依頼でお預かり致しました、ポルシェ ボクスターです。

今回、走行中のエンジン不調との事です。

ボクスターは911シリーズとは異なりエンジンをミッドシップレイアウトで搭載していますので、ドライブベルト側の整備は室内にサービスホールが設けられ、コンバーチブルリアカウル下には、エンジン上部にアクセス出来るサービスホールが設けられています。

慣れてしまえば、意外と整備はし易いです。
 

ポルシェ968 サーキットメンテナンス


ポルシェ968をサーキットへ持ち込む為メンテナンスを開始です。昨年の7月の鈴鹿サーキット以来の走行なので改めて、全て、リフレッシュして行きたいと思います。

今回は鈴鹿で課題となったブレーキ廻りの見直しもしていきます。
 



others

mobile

qrcode